太陽光発電

太陽光発電を検討してみる

投稿日:

最近投稿が少なめになった言い訳ではありませんが、太陽光発電を保有アパートの屋根につけることを検討していました。
途中経過ですが、記憶がなくならないうちに投稿してみます。

なぜ今まで太陽光発電を始めていなかったか

私の今年3月までの目標ははっきりしていて、賃貸収入でのキャッシュフローが安定して給与所得を超える状態へと持っていくということでした。
その目標とために避ける自分の時間的なリソースや、自己資金的なリソースをアパート買い増しに集中したかったので太陽光発電に対する興味があまりなかったというのが実情でした。

もっとも、太陽光発電をやるとしたらで調べなければならなかったことはたくさんあって、以下のようなことを気にしていました。

・利回りはどれぐらいか
・融資はどんな条件で通るか
・保険などでリスクヘッジはできるか
・そもそも屋根のメンテナンスとの兼ね合いで、タイミングをどうするか
・融資残高を増やしてしまうと、アパート買い増しの際の融資にひびかないか

などなど、調べることが多いと感じていて、話をすすめることができませんでした。

太陽光発電の良さ

セミリタイアを実現したことと、実は保有アパート1棟について昨年外壁塗装と屋上防水(陸屋根の物件)を実施し、その物件はしばらく修繕が発生しなそうなので、太陽光発電を設置してみるのにいいタイミングではないかと思いいたり本格的に調べることにしました。

調べてみた結果、以下のような良さを感じました。

・売電収入が国策の固定価格買取制度によってある程度保証されている
・設置してしまえばすることがなく、アパート経営以上に放置が可能
・保険によって災害などに対する備えもある
表面利回りは10%ぐらいは達成でき、意外に高い(屋根の向きなどにもよる)
・そこそこ低い金利で融資を受けられる(今は2%台前半で15年とか)
・私のように自営業でかつ、融資がふくらみすぎた属性でも融資を受けることが可能そう

発電する電力量はパネルの経年劣化などで少しずつは落ちていくことが予想されるものの、発電量に対する買い取りは固定価格で10年または20年(発電量によって異なる)買い取ってくれるのと決まっているのが魅力です。

固定買取制度が終わった後の買い取り価格がいくらになるかは今のところわかってはいませんが、さすがに売れないということはなく、少しは収入が見込めます。

仮に利回り10%を超えることができれば、10年無事に過ごせば初期費用はほぼ回収できるので、そこから後はもう丸儲けの状態がむかえられます。

キャッシュフロー増はアパートを一棟買うよりは全然たいしたことないけど、やってみて損はないのではと思い、見積もりをとって詳細を検討してみることにしました。

次回以降へとつづく。。。

★↓ブログランキングに登録しています↓★

記事が面白ければクリックしていただけると幸いです。

にほんブログ村 投資ブログ 不動産投資へ
にほんブログ村

-太陽光発電

関連記事

関連記事はありませんでした