セミリタイア

いつセミリタイアは可能か

投稿日:

いつかセミリタイアしたいと何となく思ったとしても、どういう状況になったら勤め人の立場を卒業できるのかは判断が難しいところです。

家庭など状況によって正解はなく、人それぞれの考え方次第なところもありますが、どうなったら仕事を辞められるかをイメージして目標設定してみることが第一歩かと思います。

社会人になってすぐぐらいに立ててみた計画

私が10年以上前にセミリタイアの条件として考えたのは、今後の状況がわからないにしてもこうならば大丈夫だろうというものでした。
今考えると穴だらけの想定ではありますが、とにかく目標を立てていた過去の自分を褒めてあげたいと思います。
詳細を省いてざっくりいうと、以下を40歳までにといった感じです。

大卒の生涯年収が2~3億円と言われるので、厳しめの設定で40歳で辞めた後に2億円稼げていたとして2億円÷20年で年間1千万円の不労所得があれば良いだろう

→年間1千万の不労所得を安定して稼げるには、2つの収入の柱から年間1千万ずつ稼げるようになったら流石に十分だろう

→まずはFXと株で資金を貯めてスワップポイントや配当でインカムゲイン(※)を得られるようにし(計画を立てたのはFXが順調な時期だった)、次のステップとして不動産から不労所得を得られるようにしよう

※念のため一応説明すると、インカムゲインとはキャピタルゲインとよく対比される言葉で、インカムゲインは株などの資産を保有中に継続的に得られる配当などでの収入で、キャピタルゲインは株などの資産を売却したときに得られる収入

この目標は今ふりかえるとセミリタイアに必要な収入に関してはマージンを取り過ぎなのに対し、稼ぐ手段については強気過ぎな感じがします。
株やFXで安定にとなると配当やスワップで年利10%を目指すとかになりますが、そうなると資産は1億円に増えていることになります。
そしてその上で不動産も買っていくのは、かなり運用がうまくいっていないと難しいでしょう。

人生設計に合わせた目標設定

その後、資産運用の結果と自分の置かれた状況によって、色々な計画変更が発生しました。

まずFXで大失敗して1千万ほど上げた利益をふっとばしたこともあり、FXは安全性を重視して運用する方針となり資産が増えるスピードが遅くなりました。
そもそも利益をふっとばした時に投入した自己資金もかなり溶かすという損失が出ていたので、しばらくは損失を取り返す期間になっていました。

FX熱が冷めたというか、次のステージに進む必要性を感じてアパートを購入して発生した気持ちの変化としては、わざわざ高い目標を達成しなくても、つつましい生活をしていればセミリタイアは可能と思うようになったことです。
この心境の変化によって、とりあえず激務生活から脱出しようとIT系のコンサルから地方公務員へと転職しようという気になれました。

同時にそのころは結婚が見えてきた時期でもあったので、独身だったら生活スタイル次第ではすぐにでも出来そうだったセミリタイアも、家族計画を考慮する必要も出ました。
その頃知り合っていた独身の専業デイトレーダーなどに言わせると、もう最低限の生活は出来るんだろうからさっさと仕事を辞めて余剰資金で株をやればいいと言われたりもしましたが、子供を持ったりを考えていくといきなりそういう方向に舵を切るわけにもいきませんでした。

更に時を重ね、以前の会社の同僚である友人が自営業になったことで得られた生活の羨ましさを感じて一緒に事業を手伝いたいと思ったり(諸事情により手伝いたいと思った分野の事業については凍結中で実際は手伝っていない)、地方公務員としての生活も以前の会社の激務と比べるとマシとは思えながらも精神的に苦痛で辞めたくなったりしました。
妻と話し合って決めた公務員の仕事をやめる条件としては、安定して公務員でもらっている給与所得を超える不動産収入を得られるようになったら辞めるとしました(もちろんローンなどの各種払いを差し引いたキャッシュフローとして)。

結局いつセミリタイアできるか

どの段階になれば定職につかずセミリタイアできるかについては、結局その人の状況によるとしか言いようがなく正解はありません。
セミリタイアした後で思うことは、考え方次第でなんとでもなるということです。

仮にフリーランスで仕事できる手に職を持っていれば、必要に応じて個人事業主として稼げば良いですし、向き不向きにもよりますが時間ができたことで出来る選択肢も増えてくると思います。
そのため、目標設定次第だけどセミリタイア自体は結構簡単だというのが個人的な意見です。

それでもあえてある程度の段階まではセミリタイアしない方が良いと思う点として、不動産の買い増しを続けている間は注意が必要な点です。
法人を作って実績を重ね、法人で融資を受けられる段階まで持っていったりすると話は変わってきますが、個人名義で融資を受ける場合は属性という要素が仕事を辞めると不利になってしまいます。

金融機関によって融資基準は色々と異なってはきますが、個人名義でアパートの融資を受ける場合は有名企業のサラリーマンなどで年収が高い定職ついていると、圧倒的に融資が受けやすくなります。
私が大好きな漫画である「ナニワ金融道」でも言っていましたが、「職業に貴賤ナシは大ウソや」が大人の社会では一般的なようでです。

★↓ブログランキングに登録しています↓★

記事が面白ければクリックしていただけると幸いです。

にほんブログ村 投資ブログ 不動産投資へ
にほんブログ村

-セミリタイア

関連記事

なぜセミリタイアにアパート経営を選んだか

私は賃貸経営である程度の収入を安定して得られるようになったことでセミリタイアが実現できましたが、目的のための手段はなんでもいいと思っています。 私の身近な人で副業や投資で稼いでいる人では、株、FX、ア …

なぜセミリタイアにアパート経営を選んだか2

前回に引き続き、なぜ私がセミリタイアにアパート経営が良いと思うに至った理由にふれていきたいと思います。 前回ふれた株式投資、FXは、それだけだと自分には自己資金と適正が足りないと実感しました。 アフィ …