セミリタイア

なぜセミリタイアにアパート経営を選んだか

投稿日:2018年7月27日 更新日:

私は賃貸経営である程度の収入を安定して得られるようになったことでセミリタイアが実現できましたが、目的のための手段はなんでもいいと思っています。
私の身近な人で副業や投資で稼いでいる人では、株、FX、アフィリエイトならばそれだけで生活できるようになった人がいますが、それらを含んだ色々なことを学び、体験してみた中で、アパート経営が私には向いていたと感じたまでです。

私がセミリタイアのために目指したのは、労力はあまりかけ続けずに安定した収入が得られるようになりたいということでした。
以下、私が体験したり親しい人から聞けた範囲でのことから、上記セミリタイアの前提を元に何が良いか自分が感じたことです。

株式投資

株式投資はデイトレードなど短期で取引を繰り返すのか時間軸をもっと長くするのかによって方針の違いがありますが、そもそも本業を持ちながらのデイトレードは日中値動きを追い続けるのがほぼ無理なはずです。
株から一旦離れた後に2人のデイトレードで生計を立てている人と仲良くなることで、向いている人であればそれだけで生計を立てられる場合があることも知りましたが、私がやってみた時は本業を持っているなら中・長期で余剰資金を使って投資するのが良いと実感しました。

以前に私が勉強のために株式投資をやってみた時は、根っこが理系の人間なので色々と統計的に分析したりして勉強を続けましたが、プロである証券のファンドマネージャーでさえ平均的には長期的に単純な株価指数の上昇に勝てないなどの研究データがあり、安定した高い利回りでの運用はよっぽどの才能がない限りは難しいと学びました。
そのため、株だけで暮らしていけるだけの財産を築くにはよっぽど自己資金が多いか、手間をかけ続けるかが必要だと思い、自分にはそれが無理なので長い目で更なる投資のための自己資金が少しでも増やせればよいと思うに至りました。

とりあえず投資を初めてみたいけど何をやりたいのかわからないという場合は、あくまでも余剰資金で長期投資を前提に、まずは勉強のためという気持ち程度にやってみるのであれば学べることも多くて良いと思います。
向いてたりビギナーズラックで勝てたりするかもしれませんが、私もデイトレーダーの知り合いも一度は大きな損失を食らうことで勉強代を払っています。

FX(外国為替証拠金取引)

そもそもFXとは何かという人がいたら説明すると、レバレッジをかけて通貨の売買をする取引です。
レバレッジをかけなければただの両替みたいなものなのですが、FXでは大きなレバレッジをかけることができるのでハイリスクハイリターンの投機ができます
かつて普通の主婦が1億円以上稼いで申告していなかったのが税務調査で発覚したとかニュースになっていたこともありましたね。

FXの特徴の一つにはスワップポイントというものがあり、取引した通貨間の金利差による利子が受取れ続けるまたは支払い続けることが発生します。
例えばほぼゼロ金利の日本円で金利が3%の通貨を買っていたとすると、保有している間は買った分の3%近い金利相当のスワップポイントが得られ続け、5倍のレバレッジをかけていれば3%×5倍で資金に対して年利15%近くのスワップポイントを得られます。

私はかつてスワップポイントと為替の変動による利益両方を狙って、複数の高金利通貨で、ある程度安くなった時に買ってスワップポイントを稼ぎつつ、ある程度為替変動による利益が出たポジションは売って利益確定するということをシステム的に繰り返していました。
利益が出たら福利で運用するということを繰り返すことでサブプライムローン問題が起きるまでは順調に利益を積み上げていきましたが、あまりにもうまくいきすぎてレバレッジに対する危機感が薄くなっていたところで急激な通貨変動が起きて一気に利益をふっとばして損失を抱えました。

教訓として、もちろん短期売買で利益を出せている人もいるが、FXをやるなら余剰資金でレバレッジは低くしないと自分はダメだと思いました。
レバレッジを低く安全にやれば長期的には安定して利益を出し続けることができるかもしれませんが、それだけで暮らしていけるだけの状態に持っていくのは、自分には資金と適正が足りないという結論にいたりました。
分散投資の観点からいずれ余剰資金の範囲でまたやるとは思いますが。

長くなってしまったので次回に続きます。

★↓ブログランキングに登録しています↓★

記事が面白ければクリックしていただけると幸いです。

にほんブログ村 投資ブログ 不動産投資へ
にほんブログ村

-セミリタイア

関連記事

なぜセミリタイアにアパート経営を選んだか2

前回に引き続き、なぜ私がセミリタイアにアパート経営が良いと思うに至った理由にふれていきたいと思います。 前回ふれた株式投資、FXは、それだけだと自分には自己資金と適正が足りないと実感しました。 アフィ …

いつセミリタイアは可能か

いつかセミリタイアしたいと何となく思ったとしても、どういう状況になったら勤め人の立場を卒業できるのかは判断が難しいところです。 家庭など状況によって正解はなく、人それぞれの考え方次第なところもあります …